女性用媚薬は間違った使い方をせずに正しい使い方で使用しよう!

女性用媚薬の使い方とは?

女性用媚薬の使い方とは?

女性用媚薬の使い方ですが、どのようなタイプのものを選ぶのかによって変わってきます。例えば、飲むタイプの女性用媚薬の場合は、性交渉を行う直前に使ってもあまり意味がないことが多いです。

ものによってや体質などでも多少の違いはあるものの、服用してから効果が出るまでに三十分ほどかかるからです。それから飲む媚薬の中には漢方が使われていることがあるのです。

もしそうなら食べる物によって効果が薄れないためにも、空腹時に飲んでおく方が良いと言われています。そのためよほどの理由がない限りは、食事をする前に使っておく方が無難でしょう。

しかし、粒子になっているものや、カプセル入りなどによって、効果の出る時間が前後します。何度か試してみて、もっとも効果が高いタイミングを探しておけば、失敗するのを防げます。

もしも手軽に利用したいのであれば、噛み砕く女性用媚薬にしておけば良いでしょう。このようなタイプのメリットは、水がなくても飲める上に、即効性のあるものが多いので使いやすいです。

次にクリーム状になっている女性用媚薬の使い方は、基本的には神経がたくさん集まっている箇所に塗ります。乳房や性器、うなじといったところに使います。

血行が良くなることも期待できるので、マッサージをしながら塗っておくとより高い効果が得られます。加えて、自然とスキンシップすることができますから、互いの気持ちを盛り上げるのにも一役買ってもらえるのです。

気をつけておきたいのは、肌の質によっては赤みやかゆみといった症状が出る可能性もあります。そこでデリケートな部分は避けて、腕などに塗って様子を見ておきましょう。

異常が出なければ改めて性感帯に使うと良いです。それ以外にも、商品によっては独特の匂いがあるものもありますから、事前に好みに合うのかの確認をしておきたいものです。

上記のものについては、かなり親しい間柄にならないと使うのが難しいです。下手をすると、怪しまれて女性用媚薬を使用するどころではなくなる可能性もあるため、注意が必要です。

その点で言えば、香水であれば使い方が一番簡単です。フェロモンや同等の成分が配合されているため、体に吹き付けておくだけで良いというものです。

脇の下などに使うのが良いですが、服によっては匂いが出にくい場合も珍しくありません。おまけにシミになるケースもゼロではないので、耳の裏や手首につけておくというのが良い方法です。