女性用媚薬ってどんな成分が入っているの?危険な成分は入ってない?

女性用媚薬の成分って何がある?

女性用媚薬の成分って何がある?

女性をその気にさせることが期待できる女性用媚薬は、パートナーとの楽しいナイトライフを楽しむために活用することもあります。

女性用媚薬は効果が期待できるものの、体に良い影響を与えない成分が配合されていることもあるので、口コミだけを信用して使うというよりはネットなどで実績のある媚薬を選ぶと良いです。

女性用媚薬には様々な成分が配合されていますが、古くから女性用の媚薬として効果が期待できる成分には、ザクロ、馬プラセンタ、マカ、ガラナなどがあります。

ブラジルでは漢方薬で登録されていて、ヨーロッパでは薬用のハーブとして医療用に使われているものや、ザクロは女性の果実とも言われ、5000年以上も前から不妊治療などに使われており、女性ホルモンの分泌を促す効果が期待できます。

馬プランセンタは、胎盤エキスで、紀元前から媚薬的な効果があることで知られています。天然のバイアグラと言われるマカは植物で、豊富なアミノ酸やミネラルが含まれていて、ホルモンバランスを整える効果があります。

ガラナはチョコレートに配合されていることで知られていますが、強精剤としての効果もあります。これらの成分は全て天然のものなので、体に優しく負担をかけないようなものなので、媚薬というと少々不安に思うこともありますが、これらが配合されているのであれば安心して使うこともできます。

女性用媚薬は様々なものがあり、日本製もありますが海外製もあります。海外と日本では薬などの考え方が異なる部分があり、東南アジアや中国では危険なものもあり、媚薬で健康被害にあったとしても保証はないため、使うのであれば国内製の女性用の媚薬を選ぶことが良い選択と言えます。

海外製の媚薬に使われている成分には昆虫が体の中に蓄えている毒素を使っているものもあり、日本ではこれを劇薬に指定しており一般の取り扱いはなく、あかね草科の植物からとれるものも副作用として発疹やめまい、嘔吐などの症状があらわれることがあるため、これも劇薬に指定されています。

さらに海外製の媚薬には国内で未承認の原材料などが混ざっていることもあり、それが表示されていないといこともあります。また漢方の媚薬であっても国内では危険なものが配合されていることもあるので、海外製の女性用媚薬については十分注意するか、やはり国内製を購入するようにします。

国内製であっても様々な媚薬が販売されていますが、購入前には口コミだけを信用して通販サイトで購入するということではなく、信憑性をリサーチするために通販サイトなどの公式サイトでしっかりと確認するのも良い方法です。