女性用媚薬は危険?身体に悪影響を及ぼす成分は入っていない?

女性用媚薬は危険な物なのか?

女性用媚薬は危険な物なのか?

女性をその気にさせるためには、気分を高める必要があります。気分を高めるために苦労している男性も少なくなく、女性用媚薬はそんな時に自然に女性をその気にさせてくれるアイテムだとされています。

インターネット上では多くの商品が出回っていますが、果たして安全性は大丈夫なのか、危険はないのかという疑問を持っている人も多くいると思います。

媚薬は間違った知識で使ってしまうと、様々な危険性がある薬でもあります。副作用などを行いためにも、そのような知識を得ることが大切です。

媚薬には様々なものがありますが、女性の性的機能を高めるものや性ホルモンを活性化させるものなどがあります。中には、毒である刺激性のある成分を配合しているものあるため注意が必要です。

特に海外で生産されたものでよく見かけるのが、刺激性のある成分が配合されているものです。ハンミョウ科の昆虫を粉末にしたものは、カンタリジンという有効成分が配合されています。

しかし、これは毒性があるもので本来ならイボをとるものや膀胱炎、尿失禁を改善するために利用されます。

膀胱を刺激することによって女性器の刺激につなげることができますが、強い毒性があるため危険性も高いため日本では医師の許可なしで手に入れることはできないようになっています。

また、海外から個人輸入も医師のみが許可されるなどの規制がされています。個人輸入で手に入れられる女性用媚薬やサプリメントなどで最もお多いのが、下痢や嘔吐などの副作用です。

体質に合わなかったり、原材料にアレルギー物質が含まれていることもあるため症状が出たらすぐに服用をやめます。また、成分によってやめまいや視覚以上も引き起こされます。場合によっては視神系に異常が出てしまうことあります

その他、血流を改善する成分が媚薬には含まれていることが多いです。血液の流れを良くすることは、血圧にも影響が出てきます。急に血圧が変動することは心臓に負担がかかることでもあるため注意が必要です。

このような危険性があるため、安易にインターネットで媚薬を注文することは避けることが無難です。どうしても使いたい場合には、安全性の高い成分を選ぶことが大切で、なるべく実績のあるアイテムを選ぶようにします。

安全性の高いものとしては、アミノ酸などが含まれるプラセンタ、女性ホルモンの分泌を促すザクロ、ホルモンバランスを整えて血流を良くするマカなどがオススメです。